2018年 1月 14日 ホーム 栽培記録
lettuce(英) 萵苣(和)
紀元前6世紀にペルシャで栽培されていた。レタスの茎を切ると、乳に似た白い液がでるところから、漢字で「乳草」、この「ちちくさ」が和名の「ちしゃ」となったそうです。 レタスには4つの仲間がいます。ステムレタス(茎ちしゃ、掻きちしゃ)は葉を掻きとって茎を食べます。コスレタス(立ちちしゃ)白菜のような形をしているレタス。リーフレタス(葉ちしゃ、サニーレタス)と、日本でレタスと呼んでいる玉レタスがあります。玉レタスは、キャベツのように堅く結球するクリスプヘッド型と、サラダ菜と呼んでいる、ゆるく結球するバターヘッド型があります。
2017年 12月 23日(土)
レタス171223-01 レタス171223-02
改めて種の説明を読むと 「生育適温 15〜20℃」 と記載されているので、種まきが遅くて、こんなことになったのだろうなと思いました。
2018年 1月 4日(木)
レタス180104-01 レタス180104-02
生育から収穫の適温時期を過ぎてしまい、これって、寒さを凌ぐためのロゼッタ状態なのかな、あぁ、もうなんか納得です。
2018年 1月 14日(日)
レタス180114-01 レタス180114-02
葉先が黄色くなってきました。 どうやって食べるのか分からないけど、収穫しないとダメになっちゃうかな
ホーム 栽培記録