2018年 1月 13日 ホーム 栽培記録

原産地はインドシナ半島と言われています。 日本では古くから栽培されてきた「在来種」「備中種」と、大正時代に中国から輸入された「支那種」があります。 食べるものが出来るまで3年以上かかる こんにゃく には、デンプンはほとんど含まれておらず、100gあたり7キロカロリーしかありません。 多く含まれるマンナンという食物繊維は、コレステロール増加を抑えたり糖尿病予防、またプリプリ状態になったマンナンには、他の物質を取り込む性質があるので有害物質の体内への吸収・残留を防ぐ効果もあるそうです。
こんにゃく の 作り方
2017年 12月 23日(土)
こんにゃく171223-01
こんにゃく171223-02
さぁ、掘ります。
掘り出したイモは、日に当てて表面を乾かして、土を落とします。
2018年 12月 23日(土)
こんにゃく171223-03 konnnyaku171223-04
この500〜1000gあたりのイモは、こんにゃく作りに使用します。他のイモは、来年の種イモです。
2018年 1月 13日(土)
こんにゃく180113-01 こんにゃく180113-02
今回収穫したイモで、はじめて作ります。 皮を剥いた重さは、940gでした。
2018年 1月 13日(土)
こんにゃく180113-03 こんにゃく180113-04
左がミキサーでジュースにした煮込む前で、右は30分煮込んだ後。
2018年 1月 13日(土)
こんにゃく180113-05 こんにゃく180113-06
ソーダーを加えて撹拌したものをバットに移した直後と、切り分けて、煮て、4回水を入換えたもの。
大きなイモがある間は、毎週作ろうと思います。
ホーム 栽培記録